全国結納品組合連合会

結納でつながる
両家の確かな絆

結納とは、その言葉が示す通り「結び、納める」ことを意味します。一般的には当人どちらかがプロポーズをして結婚の約束をすることが「婚約」と言われますが、結婚とは、当人同士だけではなく両家の結び付きができてこそ末永く続いていくものと思います。その願いをこめ、両家が顔をあわせて正式に「婚約」をする場、それが「結納」です。

新着情報
▶︎ 記事一覧
2024年05月10日
連理の木
2024年05月07日
島台
2024年05月02日
阪神甲子園球場
2024年04月16日
今どきの結納・お顔合わせ

迷っている方に知ってほしい
結納のメリット

結納とは当人同士だけでなく、両家の間で確認することにより「結婚の約束をより確実なものにする」儀式のことです。プロポーズも結婚の約束ではありますが、単なる当人同士の口約束とも言えます、結納をすることで、2人の結婚を両家が認め、正式なものにする意味合いがあります。
また、結納は「両家の親睦が深まる」というメリットがあります。結納の儀式自体は緊張感をもって執り行われますが、その後、打ち解けたムードでの祝宴が開かれ、より両家の親睦が深まっていくという特徴があります。

結納には形式だけに捉われない色々なスタイルがあり、また地域によるしきたりも様々異なります。どの形態が相応しいのか、ご結婚される当人や両家の考え方を反映し決めていくことが必要です、一度お近くの結納に関する専門家、全国結納品組合連合会加盟店に相談してみるのもいいかもしれません。

結納体験談

  • 新婦

    結納なんてめんどくさいって思っていたけどほんとうにやってよかった。自分たちが両親に育ててもらったことを身に染みて感じることができ、本当に良い日になった。私の両親、彼のお父さん、お母さんに感謝の一日でした。

  • 新婦

    結納が終わった後、結納は結婚式と違った家族同士の取り交わしだと感じました。新しく家族が仲良くなれる、とても素敵な時間でした。幸せな家族を作りたい気持ちが一層強くなりました。

  • 新婦

    結納式はお父さんも彼のお父さんも緊張してて、口上もカミカミでしたが、式のあと、お父さん同士とても仲良くなることが出来て嬉しかった。お腹にいる私の子供にも今日のことは伝えていきたいな。

  • 新婦

    結納なんて今どきと思っていたけど、結局することになった。(結納のお店で)当日の服装や口上など相談に乗ってくれたので、振袖を着ました。一生に一度の機会。ほんとうにやってよかった。

  • 新婦

    ホテルの結納セットプランで。当日会場に入ると、結納品の飾りが。こんなに豪華な結納品を用意してくれた彼の両親に感謝。指輪の交換とかホテルの方が説明してくれたので、スムーズな進行だった。式自体は15分くらいかな?指輪交換の写真と結納品をバックに初めての両家の家族写真を撮りました。家族がひとつになるとても素敵な時間でした。

  • 新婦 親

    私の時は事情があって結納することが出来なかったから〇〇(娘さん)にはどうしてもし結納はしてあげたかった。〇〇(娘さん)も〇〇くん(彼)、ご両親も喜んでくれて良かった。〇〇くんのご両親もわざわざ来てくれて感謝です。

結納のご相談は全国結納品組合連合会加盟の各店にご相談下さい。